不動産投資で選ぶ基準は長所と短所!

こんにちは!レバリッチ不動産です。
画像は昨日、レバリッチ不動産コミュニティに質問をもらった内容です。
地方がいいのか都内がいいのか、木造かRCか、
個人か法人かなど、一つ一つ長所と短所を踏まえてお話させていただきました。
最初にお話ししておくと、一概に「〇〇がいいです」とは言えません。
それぞれ長所や短所があるので、それを踏まえて物件を選ぶ必要があるわけです。

例えば、地方か都内か。
【地方】
長所:利回りが20%など高く、銀行からの土地と建物の評価が高いです
短所:人口が減っているため空率リスクがあり、家賃収入を得られにくいです。

【都内】
長所:土地の資産価値が高く、入居者もすぐ入るので満室状態で不動産投資ができます。
短所:利回りが数%台と低いため、満室だとしても収入額は低くなります。土地が広くないため融資を受ける際の担保力が弱いです。

地方と都内の長所と短所を知って、その上で、どちらに物件を建てるか決めるというわけです。他にも木造かRCか、新築か中古かなど、詳しくお話しさせていただきました。

レバリッチ不動産コミュニティでは、不動産投資の基礎知識を学べる環境を用意しています。

レバリッチ不動産投資コミュニティに興味のある方は、下記からご連絡ください。

LINE ID:@kt4001s (@マークを忘れずに)

QRコードで遷移できない方は下記のボタンをクリック
レバリッチ不動産へ無料相談する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です