不動産投資のいろは

昨今、働き方改革の影響もあり、不動産投資に関心を持つサラリーマン・OLが増えています。 副業として始めて脱サラを目指す人もいれば、老後の貯蓄を考え、関心を持つ人も。
そんな不動産投資について今回は基本的な部分を解説していきます。

一言でいえば、不動産投資とは不動産を購入し、それを人に貸すことで家賃収入を得る投資方法です。 不動産投資で得られる収入は、購入した不動産を人に貸し出すことで得られる家賃収入と、 所有している不動産の価値が買った時よりも高くなった時に売ることで得られる収入のふたつが存在します。 前者をインカムゲイン、後者をキャピタルゲインと呼びます。 つまり、不動産投資には収益の上げ方が2つあるということです。家賃収入を狙ったものと物件価値の値上がりを狙ったものです。 両者の具体的な内容をみていきましょう。

≪1.インカムゲインってなに?≫
インカムゲインは簡単に言うと家賃収入です。銀行から融資を受け、そのお金で物件を購入。 入居者から得た家賃で銀行にローン返済をしたり、管理会社にもろもろの管理を委託します。 その後の手残りのお金が毎月の利益となります。 インカムゲインでは毎月一定額の利益が出るということがメリットとなります。

≪2.キャピタルゲインってなに?≫
キャピタルゲインは、不動産の購入価格よりも、高い価格で売ることで出る利益のことです。 実際には不況などもあり、現在ではキャピタルゲインによる収入はあまり期待できなくなりました。 そのため、現在はインカムゲインを主な利益とした投資が主流となっています。

≪不動産投資のメリットは?≫
不動産投資のメリットとは何でしょうか。
不動産投資のメリットは大きく分けて二つあります。

  1. 毎月、定期的な収入が得られる
    毎月、入居者から家賃収入という形で収入を得るため、決まった日に収入が得られるという点です。 また、家賃は基本的に上下することはないので毎月の利益が大きく減ることもありません。
  2. ローンが組めるうえに、家賃収入を使って返済ができる
    不動産投資はほかの投資と違い、ローンが組めるというメリットが。
    あとは毎月の家賃収入の一部をローン返済に回していくだけでどんどん返済していくことが可能です。
    そういった意味でも融資の審査が通りやすいサラリーマンにおすすめの投資です。

≪不動産投資のデメリットは?≫
逆にデメリットを考えてみましょう。
1.空室リスクがある
不動産投資は入居者がいることで家賃収入が発生します。
空室になってしまった場合は、その部屋からは収入がありません。
そのため、なるべく空き室を作らないことが大切です。
2.物件によっては割高・利回りが少ないものもある
物件は何でもいいというわけではありません。
投資する物件をしっかり選ばないと結果的にに割高になってしまったり、
借り手が少なく、収入があまりのぞめない物件にあたってしまうこともあります。

≪不動産投資が注目されている理由≫
ではなぜ、最近不動産投資が注目されているのでしょうか。
不動産投資が注目されている理由は主に3つあります。
1.不動産投資はバランスがいい投資である
不動産投資はミドルリスク・ミドルリターンというバランスのいいタイプの投資です。
FXなどのように資産価値がゼロになるリスクがなく、円預金・国債よりもはるかに利回りがよい、とてもバランスの良い投資方法です。

2.社会環境からくる将来に対する不安
年金開始時の受給開始年齢は55歳でしたが、2030年度からはそれが65歳からとなります。
また、この先これを65歳よりさらに引き上げようという動きも出てきています。
現代人をとりまく環境は年々厳しくなっており、そういった将来に対する不安が、
副業や不動産投資への興味の高まりへと繋がっています。

3.生命保険の代わりになる
不動産投資をする際に民間の住宅ローンを利用する場合、団体信用生命保険に加入する必要があります。
団体信用生命保険は、本人が死亡した場合に、残債が保険会社から支払われるというものです。
残債が無くなり、遺族の方には負債なく不動産が手元に残ります。
そのため、家庭を持っている方にもおすすめの投資といえるでしょう。

≪初心者は不動産投資をどう始めればいい?≫
段々と不動産投資に興味が出てきたあなた。
まずは何から始めればいいのでしょうか?
1.情報収集
知識がないままに始めてしまうと、気づかず条件の悪い物件を購入してしまい、
資金繰りがうまく行かなくなったり、失敗につながってしまいます。
知識がないまま見切り発車で始めるのは絶対にやめましょう。
正しい知識を持っていることが成功への近道。
そのため情報収集はセミナー・本などでしっかりと。正しい知識を付けてから始めましょう。

2.物件選び
始めるにあたって物件を何にするか決めなければいけません。
物件にも、戸建て・マンション・アパートなど様々なタイプが存在します。
中古にするのか、新築にするのか、地方なのか、首都圏なのかという選択肢もあります。
部屋の間取りや設備、立地などもしっかりと選ばなくてはなりません。
物件は実際に見学に行ったりして、慎重に選ぶことが大切です。
色んな物件を比較して、これだ!と思える物件を探してみましょう。

LINE ID:@kt4001s (@マークを忘れずに)
この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は レバリッチ不動産QRコード.jpg です

QRコードで遷移できない方は下記のボタンをクリック
不動産投資について知る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です